2019.10.1消費税10%に伴う軽減税率8%について

税率8%と10%を説明するイラスト

軽減税率制度とは

2019.10.1 消費税率10%の引き上げに合わせ軽減税率制度が実施されます。

軽減税率とは、特定の品目の税率を他の品目と比べて低く定める事で、消費税率を10%に引き上げる時に、食料品や新聞などの税率が据え置かれ8%となります。

軽減税率の対象品目とは

飲食料品⇒人の飲用又は食用に供されるもの。  ★ノンアルビール(炭酸飲料)、甘酒(清涼飲料)★
 (酒類、外食、ケータリング、医薬品、医薬部外品を除く)
テイクアウト・宅配・有料老人ホーム等で行う飲食料品の提供
※ケータリングとは
 出張して食事を配膳、提供するサービスのこと
※テイクアウト・宅配
 単に飲食料品の譲渡になり軽減税率の対象になる
新聞⇒一般社会的事実を掲載する週2回以上発送されて定期購読契約に基づくもの

軽減税率が適用されるかどうかの判定は、飲食料品の譲渡を行う時点で意思確認を行い判断する

標準税率対象

酒類、外食、ケータリング、医薬品、医薬部外品、一体資産  ★ビール(酒類)★
※一体資産とは
 おもちゃ付きのお菓子のように食品と食品以外が一体となっていて、全体の価格のみが提示されているもの。

一体資産のうち税抜き価格が1万円以下で、食品の価格の占める割合が2/3以上の時、全体が軽減税率の対象でそれ以外は全体が標準税率の対象(一体資産は食品の占める割合で税率が変わる)

―――――

日々の生活で必要なものも値上がりの対象になります。
本当に必要なものなら買うしかないんですが、税率を把握して後で「しまった!」という事が無いように上手に買い物したいですね。
特に酒税はビール、発泡酒、第3のビール等、税率が違うものを段階的に一本化していくようです。
⇒安いお酒はたくさん売れてるから増税、高いお酒はあまり売れないので減税という流れのようです。

ゆらぎでは食品の取扱いは無いのであんまり関係無いんですが、商品の仕入れで影響があります。
コスメやサプリ、身体の循環を良くする為のソックス、スパッツ等。
これまで税抜き定価より少しだけお安くしていた商品も仕入れの金額が上がってしまうので、泣く泣く定価販売(税抜き定価)にしようと考えています。(2019.10.1~)

消費税が5%から8%に上がった時もそうでしたが、必要な物は上がる前の購入に人が殺到してましたね。
きっと、9月末もそうなるでしょう(^-^;
施術料の値上げは考えていませんのでご安心ください。

関連記事

  1. スマホ決済ペイペイの紹介の写真

    100億円キャンペーンに便乗~PayPay始めました~♪

  2. 日本地図と統計グラフのイラスト

    毎月勤労統計調査に係る雇用・労災保険等の追加給付について

  3. 業務用ささえ腰ガード紹介

    新規取り扱い開始~業務用ささえ腰ガード

  4. 脱毛機点検のお知らせのイラスト

    脱毛機点検のお知らせ

  5. 建物内転居のお知らせ

  6. ランチ情報掲載店舗へのご予約について

友だち追加

↑↑↑

掲載テキストと一致しないと出て来ません。

特に店名は確実な文字を入れてみて下さい。

テキストのコピーはできません。