年越しの祓(とごしのはらえ)2018

大祓式申込の形代とペンの写真





人形(ひとがた)の形代(かたしろ)に記入するのは「名前」「数え年」。
息を3回拭きかけ、頭~足まで罪をうつして行きます。

当日の申し込みは何かとバタバタします。
前もって申し込みしておいた方が、領収書、お守りも神宮の袋に入って戴けるので良いかなぁと思います。
31日お昼過ぎまで賽銭箱近くに置いてあるそうです。

12/31 16時~ 鹿児島神宮 ご神木前

―――――
大祓は、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的としています。
この行事は、記紀神話に見られる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)を起源とし、宮中においても、古くから大祓がおこなわれてきました。中世以降、各神社で年中行事の一つとして普及し、現在では多くの神社の恒例式となっています。
年に二度おこなわれ、六月の大祓を夏越(なごし)の祓と呼びます。大祓詞を唱え、人形(ひとがた・人の形に切った白紙)などを用いて、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた茅の輪(ちのわ)を神前に立てて、これを三回くぐりながら「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えます。また、十二月の大祓は年越の祓とも呼ばれ、新たな年を迎えるために心身を清める祓いです。
私たちにとって、その年々の節目におこなわれる大祓は、罪や穢れを祓うとともに、自らを振り返るための機会としても、必要なことではないでしょうか。
※神社本庁HPより
―――――


申込して戴いて来ました。

大祓式のお申込みいただきました有難うございました。
お預かりいたしました人形と初穂料は当日にお供え致しまして、お祓い致します。
当日、ご参列が出来る方は是非お参り下さい。
来る新しい年も心も清浄となりまして、清々しくお過ごしなさいますようお祈り申し上げます。
平成30年12月吉日    鹿児島神宮社務所
・お守りについて
 大祓式に因んだお守りで家内安全、無病息災のご利益を預けます。
 玄関の目線より高い所にお掛け下さい。

身を清め、清々しい気持ちで新年を迎えましょう☆彡

住所 霧島市 隼人町内 2496
電話 0995-42-0020
営業時間 8時半~16時半


関連記事

  1. トマトや水も入れ半分になるまで煮た写真

    糖質+脂質制限23~オートミール豆腐グラタン&鶏む…

  2. オープンで焼いた写真

    糖質+脂質制限22~オートミールチャーハン&チキンジャーキー…

  3. 7デイズセットの写真

    旅行用・お試し・プレゼントに~7デイズセット(専用ポーチ入り…

  4. 魚の上に野菜あんをかけた写真

    糖質+脂質制限21~白身魚の野菜あんかけ&もち麦グラノーラ

  5. あごと首のたるみケアのイラスト

    気になるあご&首のたるみケア

  6. フライパンを熱して厚揚げ、調味料、ごまを入れた写真

    糖質+脂質制限20~厚揚げのごま照り焼き&むね肉とキャベツの…

テキストのコピーはできません。