瓦そばといくら丼のみ~瓦そば 鈴よし






場所はタイヨー国分新町店近くのほっかほっか亭の目の前です。駐車場はお店の横に4台と、タイヨー国分新町の駐車場に許可を取ってあるそうです。
前の道路、車の通りが多い時もありますが、あれっ?て感じで居なくなる時もあるので待っていればちゃんと渡れますよ(^_-)-☆


外看板のアップ。
必要な情報はコレ見れば全部解りますね(^^;)


ドアを開けて中に入ると、まず靴を脱いで。。。


入って右側に先客があり、左側の堀コタツになってない席に案内されました。
メニューは瓦そばといくら丼のみです。

この時は春休みで実家に帰って来てた娘さんが対応してくれました。
「なぬっ!?実家に帰って来て仕事してるんですか!?」と思いましたが(^^;)
まぁそれぞれの家庭での事情がありますからねぇ☆彡
お腹空いてたら2人前くらいぺろっと入るそうですがいくら丼も気になったので、山田1人で「瓦そば1人前」と「いくら丼中」をお願いしました。


お酒が置いてあるので土日祝日の夜の営業の時には飲み会も出来るってコトですね♪


瓦そば登場\(^o^)/
名古屋の「ひつまぶし」のように3段階の食べ方がある、と。
一番上の「もみじおろし」は見た瞬間にひぇ~っ!!と思ったんですが(山田は辛いの全くダメです。味覚はお子ちゃまです(^^;))
少しずつ入れてみて、結局全部入れちゃいました!
味の変化が楽しめるのと、美味しくなるような絶妙の量なんでしょうね。ひぇ~!!と思ってしまい、スミマセン。。。
アツアツの瓦そばから食べました。
「時間が経ってめんがカリカリになるのを待ってる方も居るんですよー」と娘さん。
確かに上から食べるので下はカリカリなるんですが、ヤミツキになりそうな食感でした(^^♪


下関の料理だそうで、具と麺をそのまま食べる、つゆにつけて食べる、レモン・もみじおろしを入れて食べる、の3つの味が楽しめました。


瓦そばのポスターがありました。


ママさんのお名刺。
置いてあったのを 戴いていきますねー と瓦そばの印象が残る素敵名刺と思います(^^♪
ムダ毛が気になったら脱毛でお待ちしてます☆彡

住所 霧島市 国分新町 973-6
電話 0995-46-5098
営業時間 11時~15時 17時~20時半(夜は土日祝日のみ)
定休日 水


関連記事

  1. プティエトワールの週替わりカレーセットとノンアルカクテルいちごみるくの写真

    2時間飲み放題が1500円~女性専用Cafe&Bar Pet…

  2. ココが潰れるハズ無いっ!~遊膳 感~R2.9.4移転オープン…

  3. あと1、2週間トレーニングすれば良かったのに~ドミノ・ピザ霧…

  4. 甘さ控えめフルーツサンドは癖になりそう~フルーツショップ末重…

  5. 新ちちんぷいぷいカフェのワンプレートランチの写真

    新chichinpuipuicafe~2.11.4リニューア…

  6. 日本一たい焼霧島国分店の買った鯛焼きの写真

    日本一たい焼霧島国分店~R2.10.17オープン

友だち追加