新型コロナ対策~マスク着用・手洗い、消毒・3密の回避

新型コロナのいつでもマスク!とイラスト





新型コロナの感染リスクが高まる「5つの場面」

新型コロナの感染リスクが高まる5つの場面のイラスト

場面① 飲食を伴う懇親会等
・飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力が低下する。また、聴覚が鈍麻し、大きな甲になりやすい。
・特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。
・また、回し飲みや箸などの共用が感染のリスクを高める。

場面② 大人数や長時間におよぶ飲食
・長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まる。
・大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなりため、感染リスクが高まる。

場面③ マスクなしでの会話
・マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。
・マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されている。
・車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。

場面④ 狭い空間での共同生活
・狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共用されるため、感染リスクが高まる。
・寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されている。

場面⑤ 居場所の切り替わり
・仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。
・休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されている。

新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、他の人に感染させているのは2割以下で、多くは他の人に感染させないと考えられています。
このため、感染防護なしに3密(密閉・密集・密接)の環境で多くの人と接するなどによって1人の感染者が何人もの人に感染させてしまうことがなければ、新型コロナウイルス感染症の流行を抑えることができます。
体調が悪い時は不要・不急の外出を控えることや、人と接するときにはマスクを着用することなど、新型コロナウイルスに感染していた場合に多くの人に感染させることのないように行動することが大切です。
※マスクの着用により、感染者と接する人のウイルス吸入量が減少することがわかっています。(布マスクを感染者が着用した場合に60~80%減少し、感染者と接する人が着用した場合に20~40%減少)
厚生労働省ホームページより

□■□ ワクチンの安全性について
一般的にワクチン接種には、副反応による健康被害が極めて稀ではあるものの、不可避的に発生します。現在、開発中の新型コロナウイルス感染症のワクチンの副反応については臨床試験等でどのようなものが起こりうるか確認されているところです。日本への供給を計画している海外のワクチン※では、ワクチン接種後に、ワクチン接種と因果関係がないものも含めて、接種部位の痛みや、頭痛・倦怠感・筋肉痛等の有害事象がみられたことが報告されています。
※ファイザー社、アストラゼネカ社、ノババックス社が開発中のワクチン

外国製ではなく、日本製の安心出来るワクチンが早急に開発される事を願います。

関連記事

  1. 簡単スピードレシピ10~鶏むねスティック&ごぼうの甘酢炒め

  2. きりしま内科リハビリクリニックの外観の写真

    特定検診に行って来ました~きりしま内科リハビリクリニック

  3. フライパンにじゃがいもと調味料を入れて炒める

    簡単スピードレシピ9~和風ジャーマンポテト&甘辛こんにゃく

  4. 豚肉に火が通ったら調味料を入れて焼く

    簡単スピードレシピ8~甘辛豚ゴボウ&レンチン常備菜なすポン酢…

  5. ポレファムの写真

    癒し(リラクシンググリーン)の香り~ポレファム

  6. 簡単スピードレシピ7~キャベツと豚肉の卵炒め&やみつき!無限…

友だち追加