夏越の祓(なごしのはらえ)~鹿児島神宮~元.6.30 16時~

大祓式の案内の写真






6/30 16時~ 鹿児島神宮 ご神木前

夏越の大祓式(なごしのおおはらえしき)
1月1日から半年間のこのような諸々の罪や穢れを祓い、心身を清めます。
当日は午後4時よりご神木である大きな楠の所にある祓所にて行います。

★茅の輪くぐり
左足でまたいで左側を周り、右足でまたいで右側を周り、左足でまたいで真っ直ぐ、で終了です。

全員でぞろぞろ行くんですが、細かいマナーの説明は無かったです。
基本的にいろんな事が「左⇒右⇒左」になっているようです。

―――――
大祓は、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的としています。

この行事は、記紀神話に見られる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)を起源とし、宮中においても、古くから大祓がおこなわれてきました。中世以降、各神社で年中行事の一つとして普及し、現在では多くの神社の恒例式となっています。

年に二度おこなわれ、六月の大祓を夏越(なごし)の祓と呼びます。大祓詞を唱え、人形(ひとがた・人の形に切った白紙)などを用いて、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた茅の輪(ちのわ)を神前に立てて、これを三回くぐりながら「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えます。また、十二月の大祓は年越の祓とも呼ばれ、新たな年を迎えるために心身を清める祓いです。

私たちにとって、その年々の節目におこなわれる大祓は、罪や穢れを祓うとともに、自らを振り返るための機会としても、必要なことではないでしょうか。

※神社本庁HPより
―――――
この時間に行けない方、鹿児島神宮に行けば白い人形(ひとがた)にペン、これまでの自分の穢れを人形にうつす説明が書かれてあります。

1.その人形(ひとがた)に名前と数え年(まだ今年の誕生日が来てない人は+1歳)を記入し、
2.頭から足先までその人形(ひとがた)でなぞり、
3.腹の底からの大きな息を3回人形(ひとがた)に吐く。
4.その人形(ひとがた)と初穂料を納める。
⇒6/30の神事でお炊き上げでお祓いして戴けます。

去年までは千円だったんですが、今年は担当が変わったらしく500円でした。
が、なんかおつり貰う気になれなくて「千円払いますー」って千円の領収書を書いて戴きました☆彡
今の所、行けるかどうかビミョーなんで先に納めに行きました(^-^;
いつもなら、もう「茅の輪」がセットしてあるんですが、今年は神職が少ない(・・? とかでまだでした。
台風も関係してるのかも知れませんね(^-^;
もうお願いするセットが置いてあるので、心身を清めたいと思われる方は参加してみては如何でしょうか?

初穂の写真
夏越の祓で初穂料を納めると戴けます。
コレは玄関の内側、目線よりも高い位置に飾ります。
ぶら下げる場所を決めておくといいでしょうね☆彡

鹿児島神宮の茅の輪の写真
6/30に行けなくても、2~3日はそのまま「茅の輪」があるので次の日に行きました。。。
左足でまたいで左側から周り、右足でまたいで右側に周り、左足でまたいでそのままお賽銭納めに行きました☆彡

シミが気になるならフォトフェイシャルを試してみませんか(・・?

住所 霧島市 隼人町内 2496-1
電話 0995-42-0020
営業時間 8時半~17時
定休日 
HP


関連記事

  1. ハーブカフェそよ風のハーブティーの写真

    自分を浄化しに~Herbcafe涼風(すずかぜ)

  2. 予約必須!ランチ復活が嬉しい~HANA KITCHEN(はな…

  3. お庭茶屋おひさまのおと~元.8.11(山の日)オープン

  4. sotoカフェAkiraのビーフカレーの写真

    限定20食!税込み500円週替わりテイクアウトランチ~sot…

  5. ガンビーノのシチリアピザの写真

    このピザは未知の世界~Gambino’s Piz…

  6. HARELcoffeeのカプチーノとチーズケーキの写真

    空港近くの穴場カフェ~HAREL coffee~元.9.20…

テキストのコピーはできません。