心理学を活用した子供の褒め方




一般的には
「褒めて育てる」事が
大切と言われていますが、

親も感情的になる事があり、
なかなか難しいもの。

褒められるのに慣れると
効果が無くなる。

かと言って、
褒めなければ
ふてくされる時もある。

あなたはお子さんに
振り回されていませんか?

子供には
悪い所を注意するだけでなく、

良いバッジを
たくさん貼ってあげましょう。

・何でも食べて偉いね。
・下の子のお世話をしてくれて助かるわ。
・お外でいい子にしてくれてありがとう。

子供を伸ばす秘訣は、
「あなたはどんどん伸びているんですよ」
という暗示をかけ、洗脳する事。

悪い事が目についても強調せず、
出来た事、良い事に
焦点を当てて褒めましょう。

乳幼児期に親からよくほめられる子供は、
他人を思いやる気持ちなどの
社会適応力が高くなるんだそうです。

親も子育てしながら
成長して行くもの。
良い事はどんどん取り入れて行きましょう。




関連記事

  1. 友達の作り方~上辺だけでなく親友を

  2. 気持ちが落ち着かない時~無理してでも負の連鎖を断ち切る

  3. 操り人形にならない為に~自分の人生は自分が決める

  4. 無意識と向き合う~隠れた能力を見付ける為に。

  5. 不幸自慢をする人には~本人は嫌われると気付いていない

  6. なかなか答えが出ない時~悩むより考える