むくみ 肩こり 自立神経失調症なら セラピスト1人のおうちサロン 国分駅から車で10分 駐車場有り 土日も営業  男性もご利用いただけます

       
腕のしびれ

腕のしびれ(胸郭出口症候群)

thoracic-outlet-syndrome1




20代の女性。

電話の予約で足のむくみと肩こりが気になる、との事でした。

まぁよくあるパターンですね。。。(^^;)

来られた時のカウンセリングで「胸郭出口症候群です」との病名が出たので、逆に「マッサージは大丈夫ですか?」とお聞きしました。

ゆらぎは医療機関ではないので病院の先生からOKを戴くか、ご本人さんの大丈夫!という判断がないと身体を触らせて戴く事は出来ないです。。。

病気の症状としては左腕がヒドく、右腕はマシとの事で腕を上げると指先にしびれが出るとの事でした。

「でも普通にマッサージして大丈夫ですっ!」との答えで安心しました。

全身を60分で時間配分して行きますが、まぁホントにガチガチで(^-^;

下半身全体はもちろんですが、肩甲骨から二の腕の辺りも動きが悪い一帯があります。。。

いくら頑張った所で、まぁ一度でリセットするのは無理ですね(>_<)

身体のメンテナンスをされてない方は積み重なったコリがあるので、少しずつ表面からなので時間かかります。。。

なので、揉み返しが治まってから近いうちにまたお待ちしてます、とその日は終了。

その「胸郭出口症候群」とはどんな病気でどんな症状なのか、何をしてあげればいいのかを調べました。

―――――

症状
・肩と首に症状が出る。
・腕を上げる動作で肩周りに痛み、指先に痛み・しびれ、運動障害、麻痺の症状が出る。
・指先の症状は手内筋が委縮、手の甲の骨の間がへこみ、手のひらの小指側のもりあがりがやせてくる。
・鎖骨下動脈の圧迫で血行が悪くなり腕が白っぽくなり痛みが出る。
・鎖骨下静脈の圧迫で血液のもどりが悪くなり腕が青紫色になる。

―――――

なんか怖い病気ですねぇ(>_<)

腕の色は白っぽくもなく青紫色でもなく、病気がそこまでヒドくはないのかなぁと感じました。

ただ、腕を触った時に筋肉の動きがかなり悪く、腕もしっかりとしたケアが必要だと思いました。

―――――

場所
・前斜角筋と中斜角筋の間⇒斜角筋症候群
・斜角筋症候群⇒肋鎖症候群
・小胸筋の肩甲骨烏口突起停止部の後方⇒小胸筋症候群(過外転症候群)

⇒総称して胸郭出口症候群と言うそうで、神経障害と血流障害に基づく痛み、しびれ、を生じる疾患の一つ。

筋肉の場所はなんとなーく解りますが、触ってコレと解るかどうかは自信ないですね。。。(?_?)

原因
・交通事故
・スポーツ
・事務仕事
・重い荷物を持ち上げる

治療
・痛みが酷い場合は薬を使う事もあるが、基本は体操療法。
・神経ブロック注射(痛み止め)
・首、肩の筋肉を鍛える。
・生活指導
 腕を酷使しない
 ストレスを溜めない
 長時間同じ姿勢を続けない。
 首肩が冷えないようにする。

―――――

という事で、ゆらぎでは首~肩周りと腕をしっかり解してあげないといけないんだなーという結論に達しました。

ですが、定期的にメンテナンスに来られないので(>_<)

◇◇◇◇◇

いろんな病気をお持ちの方が来られるので勉強させて戴いてます☆彡

ただ、共通するのは自分の身体のメンテナンスを軽く考えている方が多いこと。

身体が辛くなってから行けばいい、と考えている方が居るのも事実です。

年齢に比例して、仕事の忙しさに比例して、1回のマッサージでリセットするのが難しくなります。

若い頃と比べて一晩寝ても疲れが取れない、筋肉痛が3日も4日もしてからくるようになった。。。

気持ちは若い頃と同じでも、身体は悲しい位、正直に年齢を重ねています。

まだ働かないといけないのに身体がもたない(>_<)そんな怖いコトにならないよう、あなたと相性の良い所を見付けて、しっかりメンテナンスして下さいねっ(^_-)-☆